蓼藍(タデアイ)髪を染められる第3のインディゴ(藍)

白髪を昔から日本人に馴染みのあるジャパンブルーとも言われる藍色…伝統的な藍染にはほとんどがこの蓼藍が使われてきました。。もちろん沖縄、九州地方などは琉球藍での染めの文化も残っています。

近年は安価で手早く大量に作れる化学染料でのインディゴブルーにほとんどが取って代わられてしまいましたが日本の伝統のものづくりの復権の動きやそれに合わせて生産に関わる方々の努力もありこの藍についても徐々に復活し、新しい用途としての1つにヘアカラーとしての藍染がヘナの人気とともに登場したのです。

今回訪れた高知の依光さんご夫妻の藍畑!たまーにハブが出るらしい⚠︎ので刈り取りは出来ず。。

インドなどのインディゴ(ナンバンコマツナギ)約20年近く前からヘナといっしょにヘアカラーとしても使われ始めていたのですが琉球藍なども近年ようやくで蓼藍に関してはこの1年くらいようやく使われ始めました。理由は様々あるのですがいちばんはインド藍やヘナの様に単純に乾燥させて粉末にすれば染まるものとは違いひと手間もふた手間もかけないと染まる粉末には出来ないのです。少し安価で出回っている食用⁇の藍の粉末は染まりませんので。間違わないように!髪に使えて染まる物は化粧品登録で販売。

沖縄の琉球ヘナ、藍同様にここでも洗浄と目視により選抜してから乾燥工程に入ります。僕らはこういった事を「生菌コントロール」と呼んでいます。ここが輸入ヘナでは無い工程…より不純物や汚れを極力無くして安全安心製品にするためにはとても重要な工程だと思います。これぞジャパンクオリティ

キレイに洗った蓼藍の葉を専用の乾燥機に入れるための準備を手伝います。

乾燥された蓼藍…乾燥する事で一気に良い香りを放ちます。。こちらはタバコの葉を乾燥させる機械を使われていました。ちなみに沖縄の琉球ヘナはシイタケの乾燥機(笑)ヘナ専用はまだ無いようですね

余計な茎などを取り除き除湿効果のあるビニール袋に入れ保管。もう一つ違う工程(生葉の状態から熱を加える)を経て乾燥させた葉をそれぞれグラインダーで規定の細かな粉にした後、研究を重ねてたどり着いたマル秘な配合でブレンドしわれわれの元に届きます。

製品はこちら…パッケージがおしゃれ!ぬるま湯を加えたペーストはけっこうねっとりしていて髪や頭皮に塗りやすいです。スクーパで塗れば更に!!(笑)基本的にはこの蓼藍だけで染める事は今のところほとんど無くヘナとブレンドして使ったり、2度染めのヘナの後に2回目で白髪をブラウンに染めていきます。

蓼藍の色味はインド藍や琉球藍に比べブルーというよりはやや薄めのムラサキ色に近い出方をします。ヘナとミックスしたり2度染めした時も赤みが残るブラウンになります。色味の好みはそれぞれですが、より深めなブラウンにしたい場合はインド藍か琉球藍を選んだ方が良いかもしれません。

ただ、蓼藍にはインド藍にはあまりない薬効能力が高いことが近年の研究等でよりはっきりとわかってきています。抗炎症、抗菌、抗酸化など肌トラブルを防いだり、頭皮環境が改善される事で育毛効果も期待できます(軽度のアトピー性皮膚炎の方にも使えます)こういった効果があるのでアライフではインド藍や琉球藍とプレンドすることも提案しています。そして関連商品として藍入りの石鹸や藍入りの青汁なども販売しています。是非お試しください!

#蓼藍 #タデ藍 #インディゴ #琉球藍 #ヘナスクーパ

 

スクーパを使ったヘナテクニカルセミナーin仙台!!

今月よりスタートしたアライフ主催のヘナセミナー第2回は杜の都 仙台で行いました🐦🐦🐦

東京の有名店出身で仙台きっての実力派サロンQurocoの大田黒さんに声をかけて頂き会場も提供して頂きました。▶️ http://quroco.net/

仙台中心に県外からも含め8サロン18名ほど集まって頂き熱気ある良いセミナーになりました!まずは参加頂いた皆さんありがとうございました😊

スタート前、モデルさんのカラー履歴などを確認しながら太田黒さんと流れの確認。。今回は1人を除いてヘナを使ったことのない方ばかり…逆にヘナに免疫(笑)が無い方たちで知識レベルが同じなのでとてもやり易かったです。メーカーさんでは出来ないそもそもヘナ、インディゴの産地や種類、インドも沖縄も現場を自分の目で見た僕だから伝えられるヘナの本当のところをモデルさんの施術をしながら丁寧に伝える事ができたんじゃないかな?と思います。

ヘナ講習はどうしても長丁場になるので場もだれやすいのですが皆さん最初から最後まで楽しそうに参加してくれてたのでとても良い雰囲気の中出来ました!

今回はWヘナ(2度染め)のグレーカバーリングのモデル1人をじっくり施術しながらそもそもヘナとは?から始まり。日本ではいつ頃から利用され現在はどのように使われているのか?輸入品、国産含めどのような製品、種類があるのか?時折質問も受けながらスクーパを使い受講生と一緒に塗りながら進めていきました。

まだまだ知られていない国産の藍(蓼藍、琉球藍)のもつポテンシャルの話、それらを有効に使う僕が考案した酸化工程や諸々のテクニックも伝えさせてもらい、余計な物をつけなくても染まり上がり、手触り、艶、質感とも皆さん驚きの仕上がりだったようです!

元オブヘアの後輩の2人も真剣に見てくれてました

テクニカルのハイライトは実はこのシャンプー台での作業になります。もちろんスクーパでの塗布もね(笑)

仕上がりの写真撮り忘れ受講生のインスタから拝借したのでちっちゃくなっちゃいましたが…染まりはもちろんエイジング毛特有のごわつき、パサつきもしっかり押さえて、皆さん満足の仕上がりを披露出来ました!今回施術の材料はとても贅沢な琉球ヘナと2度目は琉球藍と蓼藍のMixです。

琉球ヘナの特徴は輸入ヘナよりオレンジ色に深みがあります。琉球藍と蓼藍のMixを後から被せると見た目がグリーンに振れずに最初からアッシュブラウンになります。すごく馴染みがいいです!モデルさんも初めてのヘナを喜んでそして驚いてもらえました。今までは直接染料とブロム酸を加える?ケミカル系ヘナをしていたようで多少の刺激やかゆみ、仕上がりのごわつきなどを感じてはいたようです。

化粧品登録をされているのでダメとは言いませんが…やはり本物の天然100%のヘナ、インディゴをちゃんと知って理解してもらえるようにこの講習会を色んな地域で続けていきたいと思います。

このブログを見てくれている美容師さん…気になって頂けたら是非、地域の仲間の美容師さんに声をかけて頂き10数名集めて呼んでくれれば何処にでも行くつもりなので何卒よろしくお願いします(笑)ご依頼の連絡待ってます!!!!

せっかく来たのでちょこっと松島まで…

 

遂にスタート❗️アライフヘナセミナー(プロ向け)

ヘナスクーパを開発してから2年も経っちゃいました(笑)当初からこのスクーパ(特許取得商品)を世の中に広めるにはとにかく多くの人にヘナを知ってもらってたくさん使ってもらわなければ…と思いつつハナヘナのがらみで一緒にやったりサポートしたりはあったけど僕自身が主催するのは今回が初。。そのレポートと今後の展開をお知らせします!

まだ刷毛でヘナをぬってるの??ヘナにはやっぱりコレですよ!ヘナ専用ヘナスクーパ🐦

記念すべき初回は元同僚が代表の都内5店舗展開する人気サロン「SORA」の学芸大学店の若手スタイリストに向けて行いました!

なんと初回からハードにモデルさん3人!!白髪染めとしての2度染めwヘナ。ヘナインディゴMIXの1度染め(白髪ほかし)と白髪は無いけどダメージを落ち着かせ、色も1〜2トーン抑えることのできるインディゴ染めをやりました。

サロンでもヘナをするお客様はこのいずれかのメニューがほとんどです。

去年までは1つのブランドヘナ「ハナヘナ(インド産)」のヘナとインディゴでやっていましたがある国産のヘナを使ったところ色や質感などそのポテンシャルに正直驚きました。それ以降さらにいくつもの国産ブランドのヘナとインディゴを試していき現在はハナヘナと国産はオーガニック琉球ヘナ、琉球藍そしてTADEAIとこの5つ(ヘナ2種、インディゴ(藍)3種)を使っています

それは何故か?特徴が違う、根本が違うから…

まだまだ研究の余地だらけですがなるべく安全な良いモノを使いサロンで提供出来るように…そしてヘナとヘナスクーパを全国に更に広めていきたいです!

いつメン(いつものメンバー)もヘルプとモデルとお手伝いありがとうございました😊おかげてよりリラックスして講習できました!

うちのマイやんもお得意の乳化シャンプーで大活躍です!インディゴ染めにはこの工程がと〜ても大事なんです。

僕がバタバタし過ぎて仕上がりの写真などがありません(⌒-⌒; )すみません。次回から余裕を持ってちゃんと撮っておきます。。

ほとんどヘナに触れたこともないスタッフさんもいましたが皆さんとても真剣に3時間もの長丁場な講習をだれることなく最後まで学んでくれてとても良い雰囲気の講習会になりました!

実はヘナに関してはメーカーさん主導以外の講習って意外と少ないんです。どうしてもメーカー主導だとまず、自分のところのヘナが一番でそれを使ってもらう為の講習になってしまいがち…その点、僕のような技術者サイドの講習だとヘナを幅広い視点から伝えることができます。ヘナスクーパという道具のメーカーではありますが…(笑)もちろんヘナ選びのアドバイスも出来ますが今のヘナ業界の事、一般の方ヘナ事情、サロンにおけるメニュー展開やテクニックまで。。国産ヘナ、インディゴ(藍)の登場で今後益々進化するであろうヘナについて一緒に勉強していきましょう!

さて次回は再来週、仙台に出張です!その他、大阪、栃木、福島は交渉中…茨城、名古屋等も打診を受けています。月2本ペースで出来ればいいかな?っと考えているのでまだまだご希望があれば全国各地どこでも行きます(行きたいです(笑))お気軽にメッセージください!

 

 

 

インディゴの酸化工程(アライフオリジナル)

ナチュラルヘナ以外で染めだ場合(インディゴを使って染めた時…)ヘナの事を熟知しているサロンや美容師さんからは“インディゴの酸化”についての説明があり、何らかの工程をインディゴを流す時などに加えてくれると思います。

インディゴは染めて直ぐに発色するものではなく(もちろん最初から多少は緑っぽい色がついて見えます)染めてから2〜3日かけて自然発色していきます。ただしこの間の状況次第で発色の強さ(濃さ)がけっこう変わってしまいます。なるべく良く発色させるには常に髪を濡らした状態で空気に触れさせる…ただこれは現実的では無いですよね?なので家にいて時間の余裕があるときは霧吹きで軽く髪を湿らせたりお風呂の時間を髪を洗ってからゆっくり浸かるとか朝顔を洗うときに髪も湿らせる…など、通常髪を濡らせるタイミングの時だけはそういった意識を持って2〜3日過ごすとある程度発色が進み色に深みが出てきます。ですが中々しっかりそれらを守ってやってるか?は僕らは確認しようがない(笑)のであとはお客さん次第たいことになります。

なのでアライフではなるべくサロンを出るまでに最大限発色させてお帰り頂けるよう研究を重ね、ある程度納得した形が出来上がったのでその工程を公開したいと思います!!美容師さん必見ですよ!!

ではスタートします。。モデルは僕なので(笑)見苦し部分もあるかと思いますが今回はあくまでインディゴの酸化発色工程の説明なので許してください

今回はこちらの蓼藍を使います。もちろんヘナスクーパで‼️

まんべんなくたっぷり塗ったら湿らせたガーゼをつけて垂れるのと乾燥防止にラップを巻きます。

そして30分放置…

コームなどを使って塗り固めたインディゴをほぐしてなるべく空気が抜けるように…そしてスチームを3分程空気と一緒に隙間に送り込みます。

その後10分放置(トータル45分)このまま待ちます。そしてシャンプーブースへ。。

で、このオブコスメのケナフのボディタオルの登場です。お湯を溜めて浸したタオルで髪を包み込んでゆっくりインディゴを落としながら空気を含めて酸化を促します。

ゆっくり時間をかけてマッサージするようにインディゴを少しづつ酸化を促しながら落としていきます。時折、タオルを溜まったインディゴが溶け込んだお湯に浸し空気を含むように揉み込みます。

 

マイやんファンの皆様お待たせしました(笑)彼女のシャンプーで癒されて下さい!!

シャンプーも同じくケナフのタオルで…少量のシャンプー剤でもモクモク泡立ちます。ここでもゆっくりマッサージシャンプー!!

最後、トリートメントをつけた後、柔らかなブラシで丁寧に溶かすことでヘナなどの粉物(微細な粉末)が残っているのをこれをする事で取り除き仕上がりがサラサラになります!巷で言われてるヘナショック??の原因もこれかもしれません!

仕上がりました。蓼藍特有の少し紫がかった感じです。白髪は少ないので分かりづらいカモですが自然にカバーされてます。とにかくサラサラツヤツヤっ(笑)

次の朝…半日後くらいの状況です、その間2回ほど髪を濡らしました。紫からブルー寄りに落ち着いてきました。この後2日くらいでもう少し深みが出て褐色っぽくなると思います。

アライフではこのような感じでインディゴのポテンシャルを最大限活かせる工夫をしております。まだヘナを試してない方、ご興味ある方、是非、お待ちしてます!(ダブルヘナのインディゴの後、もしくはミックスヘナの時この工程を行います。ヘナのみでは必要がないので…)

最後まで見て頂きありがとうございます!

インディゴ…藍…色々調べていくと。。

藍(インディゴ)…調べ始めると、、広がるわ広がるわ(笑)深さも半端ないデス!!世界での始まりは紀元前とか…染料として、薬として、食用としなどなど、日本でも卑弥呼が…から始まり遣唐使などが藍染技術等を持ち込んだ?など…江戸時代の「綿」が庶民に普及したところから日本中に藍色が溢れ俗に言う「ジャパンブルー」と言われるまでになったようです。。歴史等の細々としたところはそのうち気が向いたら書きたいと思います(笑)

では本来、僕が書くべき毛染めとしての藍染(インディゴ染め)について少し書いていこうと思います。

何回か前までのブログでも書いていると思いますが日本でヘナと一緒にインディゴ(藍)を使うようになったのはたかだか10数年くらい…その前はジアミン等のカラー染料を混ぜて茶色や黒っぽく髪を染めていました。藍は染める以外としても薬効効果も高いので昔から頭にも塗ってたかもしれませんが…

そのインディゴ(藍)にはいくつもの種類、種属が存在しています。髪への染色には現在ほとんどが比較的、生産、製造も楽なインドを中心としたマメ科のナンバンコマツナギ(ナンバン藍)いわゆるこれが本来インディゴと呼ばれるモノが支流になります。その他、ウォード、大青(たいせい)などいくつかのインジコを含んでる植物(藍)からも作られてるようです。

インドのインディゴ畑🌿

国産に目を向けると、このナンバン藍を沖縄等で育てたものから昔から沖縄中心に栽培されていた琉球藍(リュウキュウアイ)、徳島(四国)を中心に全国いくつかの地域で長らく藍染に使われている蓼藍(タデアイ)などが近年髪の毛に染毛用としても製造販売されるようになってきました!琉球藍、蓼藍は毛染め用として使えるようにするにはひと手間必要のようでアライフでも取り扱いを始めたレイ企画はこの琉球藍の製法で特許を取られています。その他、タイワンコマツナギのインディゴも沖縄で作られています。。なので現在、髪を染められるヘナ&インディゴはヘナは一種属で生産地が違えどミソハギ化のHENNA(ヘナ)、インディゴは4〜5種属のナンバン藍、琉球藍、蓼藍、ウォード、などがあり染まり具合、色合い、染色時間等々特徴や差が生じます。近年、よく懸念材料として言われるアレルギーの危険度も全体的には高く無いのですがマメ科のインディゴは稀にアレルギー等の報告があるのも事実、そのあたりも琉球藍、蓼藍などはリスクもかなり低いとされています。。ですのでヘナはインド産、国産2種とインディゴ(藍)は現在製品化されている3〜4種を組み合わせやミックスにより使いこなせれば若干ですが色味のバリエーション、仕上がりの質感、アレルギー対応等、幅広く要望に応えられたり提供出来たりするのではないか?と現在は日々、テストや研究を行っています。

インディゴの染まりの違い

インディゴの染まりの違い。

ただ課題も少なくなく…製品によっての仕入れる価格の幅がかなりあり(最大の仕入れ幅が3倍以上(泣))サロンでの提供価格等をどうするか?とても難しくちょっと悩んでいます(~_~;)が…なるべく早く決めて皆さんに提供出来るようにしたいです!

本当にヘナ、インディゴ(藍)は調べたりやればやるほど、、深くて面白いデス!むちゃくちゃハマってます!!

秋よりスタートするアライフヘナ&インディゴセミナーはメーカーにとらわれず今、国内で可能なヘナとインディゴ染めについて知識からヘナ選び、テクニックに至るまでの内容になります。先ずは臨店講習形式になるとは思いますが、ご興味のサロンさん、美容師さんお気軽にお問い合わせを!

アライフ 青木

03-6434-5595まで