ヘナスクーパを使ったヘナ、インディゴ (藍)セミナーin下北沢ビートル

2ヶ月ぶりのヘナセミナーを下北沢の知り合いのサロンで行いました。(本当は月一でやりたいなぁ)

ビートル https://beetle-hair-natural.com/

今回もヘナ初心者の方がメインで逆にインド産ヘナを経験せずに国産ヘナからいきなり始めたという珍しい方もいました。僕のヘナセミナーはインド産も国産も両方何種類か使います。どれが良い悪いではなくそれぞれの特徴も知った上でのチョイスや組み合わせ…時にはミックスもしちゃいます(笑)ヘナメーカーさんのセミナーではあり得ない事もヘナを深く理解してもらう為には色々とやっていきます。

今回モデルさんは2人。白髪率30%を超える方へのWヘナ(2度染め)と白髪はさほど多くはないが毛が細く少ない方(このタイプは染まりにくい…)への琉球ヘナ、藍ミックスのシングルプロセス。先ずはWヘナのモデルから…

ビフォーの状態は和漢草カラー⁈をやって1ヶ月半程経っているそうです。毛先の濁りとごわつきが気になります。ちょっと染まりにくい気がしたのでハナヘナベースに琉球ヘナ(深みが出やすい)を25%ミックスしたものでヘナスクーパを使いたっぷりとヘナを乗せていきます。基本的にこのWプロセスもミックスのシングルプロセスも肝はヘナのオレンジ色の入りになります。ヘナの入りが悪いとインディゴ の染まりがそこそこ良くても最終的なブラウンの深みが出なくなり白浮きっぽくなる事があります。ですので初めての場合はヘナの染まり具合をチェックして必要なら時間を伸ばします。うちのサロンは基本45分で60分を上限としています。今回はチェックで少し薄染まりだったので55分置いて流し…2度目のインディゴ 染めに入ります。

こちらもインディゴ (ハナヘナ)に琉球藍と琉球ヘナを10%づつ加えています。理由はインド産のマメ科のインディゴ (ナンバンアイ)だけだとペーストがボソボソして粉っぽさが残り塗りにくいのと、染まりムラが出やすいので琉球を加える事で滑らかなペーストにしてしっかり塗っていきます。ヘナを10%入れる事で仕上がり時の緑色に振れるのを抑える働きもあります。

最近、何度もブログでも紹介してますがヘナスクーパでの塗布テクニックはもちろん、インディゴ 染めでのとても大事な酸化のプロセスが僕のセミナーの大きなポイントです!ヘナ以上に塗布後しっかりラップ等で密閉してインディゴ(まだ発色前のインドキシル…発色のメカニズムはまたの機会に!) を浸透させます。今回は35分後にラップを取りテールコームなどで空気に全体を触れさせるために束をほぐしてスチーマーを当て酸化を促進させます。トータル50分!

更に更にシャンプー台でケナフ素材のタオルを使い水分を与えながら空気を含ませるようにゆっくりとインディゴ を落とし、ふかふかに泡立てたシャンプー(シャンプーしないサロンもありますが僕は基本使います)で優しく洗ってしっかりブラッシングも行いヘナ、インディゴ の残りやすい粉をしっかり取り除く事でサラサラの仕上がりになります。。

シングルプロセスのモデルさんも染まり難い髪なのでよりしっかりと酸化プロセスをしていきます。琉球ヘナ藍ミックスを使った事ときっちり酸化させたので良い感じに染まりました!少しふわっとした感じもあります。今回のモデル2人とも今までのカラーによるくすみが毛先にあり、インディゴ が入り過ぎるとより暗くなる恐れがあったので、現在はまだ開発段階の蓼藍の茎の粉末をインディゴ とミックスして色を薄くして塗布してあります。蓼藍の茎にはより高いトリートメント効果(その他色々な効果も)期待できる⁈今後検証を重ねていきます。。

その他のカラーリングのような体系化がまだまだなヘナですがプロ(美容師)が扱う以上、ヘナ、インディゴ (藍)のポテンシャルを余す事なく使いきれる様な技術、知識をより深めて多くの美容師さんと共有出来るようなこういったセミナーを今後も続けて行こうと思っています。

ヘナをこれからサロンに取り入れたい!もっと知識を深めたい!サロンの主力のメニューに育てたい!など…僕のセミナーに興味を持っていただける様でしたら是非、今後どこかのセミナーに参加もしくは依頼頂けたらどこでも伺いますので連絡してください!

#ヘナスクーパを使ったヘナインディゴ 藍セミナー #ヘナスクーパ #ヘナ #インディゴ  #琉球ヘナ #琉球藍 #蓼藍 #アライフ

11/21 🐤本日のWヘナのお客様🌿

アライフにてWヘナを始めて1年半くらいの50代のお客様。。5週間ペースで染めています!

全体的な白髪率は30%を超え、分け目によっては50%超えるところも。。

今回はレシピやタイム、手順など全て公開しますね!!

まずはヘナです。お客様の来店1時間以上前からペーストを作っておきました、いわゆる熟成ヘナってやつですね。ハナヘナをベースに20%琉球ヘナをミックスしています。ヘナ70gに40度くらいのお湯300mlでしっかり混ぜていきます。琉球ヘナをミックスする理由はハナヘナオンリーより少し染色力がアップするのと粘性も上がるのでしっかり髪に乗ってくれます。たっぷりと塗ってしっかりラップで覆い50分放置します。

時間が来たらシャンプー台でお湯だけでしっかりと流します。シャンプー剤や炭酸泉は使わないように!

 

しっかりとオレンジ色に(笑)白髪の多さがわかりますね。タオルドライをしっかりとしたら次はそのままインディゴ(藍)を塗布していきます。

ボウルの周りがオレンジ色?そう、最初のヘナを少しだけ残して(5%分くらい)そこにインディゴと10%づつ琉球藍と蓼藍をミックス。理由はいくつかありインディゴのみでやるとまずペーストがボソボソした感じになり塗りずらく水分と分離もしやすく液ダレしたりするのと仕上がりがマット(緑色)が強すぎるのでその辺りを防ぐ事としっかりブラウンに発色させるためのミックスです。インディゴ(藍)の総量は60gにヘナよりは少なめのお湯220mlで塗る直前に素早く混ぜて直ぐに塗布します。

(さらに…)

今後のヘナ講習予定など。。

大阪講習の2度染めのモデルさんの術後経過の写真です🌿2度染めの効果がしっかり出て白髪だけで無くプリンも目立たなくなりましたね!

とても好評頂き嬉しい限りデス😆大阪は春にさらにブラッシュアップして内容で2度目の講習を開催予定です!詳細決まり次第お伝えしますので。。

そして次回のヘナ講習は下北沢のビートル ヘアサロンで初心者でも分かりやすい内容(初級編)での開催です!一応、ビートル さん向けの隣店形式ですが5〜6名追加で参加出来ますのでメッセージ頂ければと思います!12/16月曜日の19時スタートです。。

https://beetle-hair-natural.com/

話が進んでいる来年の講習候補地ですが今のところ春の大阪2回目以外ですと秋田と新潟が上がっています。そちらも詳細決まり次第お伝えします。

その他、うちの地元でやって欲しいという方いましたら遠慮なくお声がけください!!10名集められそうであれば開催可能です。講習参加費は基本5000円になります。(都内近郊は5名からOK)

では簡単に講習内容を…唯一天然色素だけで白髪もカバー出来る(うっすらと変化をつけられるものは他にもありますが…)ヘナ(インド産、沖縄産)とインディゴ に藍(琉球藍、蓼藍)の基本的な部分から染色メカニズムのような科学的な理論、それらを活かし切る為の技術全般を公開します。今できる事から今後の可能性まで伝えたいなぁと思います!

#アライフ #ヘナインディゴセミナー #ヘナスクーパ #ハナヘナ #オーガニック琉球ヘナ #琉球藍 #蓼藍

 

 

ヘナスクーパを使ったヘナ&インディゴ (藍)セミナーin大阪

本当にヘナ&インディゴ (藍)は奥が深い。。

インド産のハナヘナとインディゴ 、沖縄産の琉球ヘナと琉球藍そして国産蓼藍と全て現地に赴き自分の目で見て触れて感じた製品をある程度使いこなしてあらためてヘナ&インディゴ (藍)の可能性を追求しながら伝えていくセミナーを今年8月の仙台講習からスタートしましたが、今回は西の大都市大阪は三国のサロンプリマベーラさんの叶さんのご好意でサロンを提供していただき満席の20名を超える美容師さん達と4時間の熱気ある講習会を行いました。

今回はかなりバタバタでしたが頑張って3名のモデルさんの施術をしながらプロ(美容師)としての知識と技術力するためのノウハウをお伝えしました!

ヘナ白髪染めの基本となるWヘナ(2度染め)

このモデルさんはヘナ初体験!!左上のビフォーからヘナ直後、2度目の藍、そして酸化作業後の状態。

そして仕上がり!毛先にオイルをなじませただけですがだいぶダメージ感も薄れ色と落ち着きましたね根本の新生部との差も目立たなくなりました。

ヘナは気持ち良くて眠れそうという事でしたが藍の方は終始ピリピリと刺激があったようです。アレルギー的なものでは無いのですがインディゴ 系に関してはこういった報告がそれなりの数よせられます。実際僕も前々回は頭痛が出たので塗布量やら塗り方の工夫が必要ですね。仕上がり等はご本人、とても気に入っていただけたようです!

男性の白髪率5%ほどのモデルさんは琉球藍、蓼藍のミックス100%で…地毛の黒髪のイメージは変えずに白髪を目立たなくします。

インディゴ (藍)を使った場合…必ずオリジナル技法の酸化工程が入ります。藍染はとにかく酸化が命!ケナフ地のタオルでの揉み洗いもその中の大事な工程の一つ!

3人目は白髪染めではなくヘナトリートメントです。カラーでダメージと退色した髪を少しマットに色補正しながら艶やかに。。このように幅広い層の世代や状況に対応できるんです。

まだまだネガティブなイメージを持つ美容師さんも多いけど逆にまだまだ本当のポテンシャルはもっと先にある物だと日々感じてします。特に国産の琉球藍、蓼藍は伸びしろは未知数。。ヘアケア製品としてはまだ数年ですから改善、改良の余地は沢山あると思います。

そんな可能性やヘナ&インディゴ (藍)の魅力や楽しさを感じてもらえてたら今回の講習も成功と言えるかなぁ〜。。

今回参加のみなさんありがとうございました

今後も引き続き各地でセミナーを開く予定です!出来れば各都道府県制覇(笑)したいと思いますのでホストサロンになってくれる方、開催希望のグループなどいましたらご連絡ください!!

ヘナスクーパが購入希望のかたはこちら↓↓↓↓↓

https://hair-alife.jp/onlineshop/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪率15%以上…しっかり染めるには。。

ヘナ染めには“Wヘナ”といってナチュラルヘナで染めた直後にインディゴやインディゴmixでもう一度染める2度染め技法があります!白髪をそれなりにカバーするには白髪が多くなるほどこのWヘナでの対応になります!特に白髪率が20〜40%くらいで一部集中してある場合、ぼかすより隠すという選択をする方が多いです。逆に白髪率50%以上になってくると白髪を隠さず活かすという選択もアリになって来ます!

こちらのように全体的に白髪が多い場合、活かすmix1度染めも50オーバーの方には素敵ですね!

こちら、2度染めを時系列で並べてみました。右上のビフォーから時計回りにヘナ後、インディゴ直後、カットしてドライ(左上)!2度染めならではのしっかりと白髪をカバー出来ていますね!タイムは1stのヘナが45分、2ndのインディゴは35分+酸化タイム15分のトータル50分…基本というか最低この時間は必要です(笑)初めてWヘナをする方はビックリされます(笑)この時間でこれだけしっかり染まるのはアライフオリジナルの塗布やブレンド、酸化工程あってのこと…自然な草木で染めるっていうのは大変なんです(笑)ただ、ダメージは無く刺激もほとんど無く心地よく感じるカラーはヘナしかないです!

アライフで取り扱うヘナはハナヘナ(インド産)とオーガニック琉球ヘナ(国産)。インディゴ(藍)はハナヘナのインディゴ(インド産)と琉球藍(国産)、蓼藍(国産)それに色は出ないアワル(インド産)の6つのアイテムを組み合わせや禁断の(笑)ブレンドしたりしながら髪質、白髪率、求める質感によって使い分けています。たぶんここまで揃えているサロンはほぼ無いです!更にオリジナルのヘナスクーパ🐤があり、オリジナル酸化技法をフル活用でクオリティ高いヘナ染めを提供しています!

今までやってきたヘナに疑問を感じたり、不満があった方も是非一度アライフのオリジナルヘナを体感してみてください!!初めての方も大歓迎です!!

https://hair-alife.jp/onlineshop/

↑↑↑↑↑ オンラインショップもリニューアル!ここで紹介したハナヘナや国産ヘナ、藍もここで購入可能デス!ヘナスクーパは業務用(理美容師)、卸販売コーナーもあります(会員登録が必要です)こちらも是非覗いてみて下さい!

 

何故ヘナはヘナスクーパで塗るべきなのか?

何故ヘナスクーパを作ったか?単純にカラー用のハケだと塗りにくかった…時間がかかる、たっぷり乗せたいのに大した量掬えない、あちこちヘナを飛ばしてしまう💦それで何故か閃いて(笑)手塗り感覚でたっぷりスピーディに塗れちゃうヘナスクーパが完成❗️❗️企画から製造まではほぼ迷う事なくあっという間に出来ちゃった(笑)舞い降りてきた。。

https://www.youtube.com/watch?v=F4Qgn9p8kpc&feature=share

⏫  ヘナスクーパ紹介動画です。

プロの美容師さんはもちろんご自宅でセルフヘナされる一般の方でも“慣れてくれば…”(笑)とても使いやすく手放せなくなる??と思います!是非、まだ手に取った事ないかたはお試しください。。

で、前置き長くなりましたが今回はヘナスクーパというより出来ればヘナをカラー用のハケで塗らない方がいい理由が本題です。

世の中のヘナをご利用の美容師さん、一般の方の約99%の人はヘナの塗布はハケがいいに決まってんじゃん!って思ってるはず…(笑)なんせまだ1500個くらいしか世に出回ってないので💦しょうがないですね(⌒-⌒; )ですから2年間ほぼ毎日ヘナスクーパを使ってる僕が何故コレが必要かハケじゃ駄目なのかを解説します。

ヘナを塗り終えたボウルとスクーパ。。番外編ですがボウルもプラ製品ではなくステンレスがおススメ!スクーパと大きなステンレスのボウルだと先ず作ったヘナを無駄なく最後までキレイにすくえます。そして簡単に水で洗えます!ここ重要❗️さらに速攻で乾きます!!なので清潔に保てるんです。逆にハケはどうですか??結構よく洗ってるつもりでもハケの根元とかにヘナが残ってたりしません??しかも数時間は乾かないよね?そのまま次の日まで置かれてたら…ヘナは自然なもの、水分を含んで時間が結構経ったらばい菌などが増えると思いますしとても不衛生じゃないですか??天然のデリケートなヘナを扱うわけだから関連するものにも相当な注意が必要だと思います。

そもそもハケは滑らかなクリーム基材のヘアダイを塗るため作られたもの…使う量だけでも3〜4倍、粘り気のある重たいペースト塗るためのものではないのです。ボディと櫛の部分がプラスチックでハケの部分はナイロン製…やらかい、硬いはありますが柔らかければ掬えないし、硬いと塗布の時に頭皮を傷つける可能性も…櫛もヘナが付いている髪はかなり引っかかったりします。この前もそれが他店で痛くてウチに来てくれた人もいるくらい。。

まぁ、そもそもヘナ用ではないのでカラー用ハケは…(強気に(笑))まだ刷毛でヘナ塗ってるの?ってブログも過去に書いてます(笑)何度も言いますが…ヘナスクーパはヘナ専用に開発した唯一無二の製品ですので…しつこい!(笑)是非!使ってみて下さい!ハケしか使ってかなったはずなので…慣れるまでは少々使いにくい部分もあると思いますが、慣れたらもう〜手放せなくなるコト間違い無しです。そうなるところまでは我慢して(笑)使い続けてみてください。お願いします🤲

この夏からようやく自分で主催する美容師さん向けのヘナスクーパで塗るヘナとインディゴセミナーを始めました!こちらもご要望あればなるべく全国どこでも行きますのでメッセージ頂ければと思います。来月は大阪です、満員御礼になったので次の開催決まりましたら報告させていただきます!

#ヘナスクーパ #まだ刷毛でヘナ塗ってるの? #ヘナ #インディゴ #琉球ヘナ #琉球藍 #蓼藍 #アライフ