大人になったら縮毛矯正⁉️笑

大人になったら縮毛矯正⁉️

このタイトルちょっと意味わからないですよね?笑

でもそうなんです。大人(40オーバー)の髪にはけっこう必要な技術なんです!

理由がいくつかあります。

1・だんだん年と共にくせ毛が酷く(強く)なってきた。

2・髪の艶が無くなってきた

3・ヘアスタイルのまとまりが悪くなってきた

4・スタイリングが面倒になってきた

そう、先ずは加齢による髪質などの変化が大きいですね。髪が痩せてくるとクセが強くなる傾向があります。それも全体的というより部分的(耳周り、顔周り、つむじ周りなど…)に出やすくスタイルが崩れ易くなります。白髪が多くなるにつれその傾向が更に出る気がしています。

くせ毛が増えると当然髪の艶が出難くなりますし白髪染めなどでダメージしている髪だと尚更。。

頑張ってプローしてもくせ毛は難しいし若い子のようにコテやアイロンを使いこなせないし人も多いと思います。毎日コテなど高温のものを使ってたらそれこそダメージしちゃいます。

そこで必要最低限のスパンで縮毛矯正でクセを取り、ハンドブローでスタイリング出来る状態にすると日々のドライヤーやコテのダメージはほとんど受けずにしばらくはまとまりのあるスタイルを維持出来ると思います。

クセのうねりがさほど強くなければ半年〜年一回の縮毛矯正でOK

但し1つ重要な条件があります。そう、カラー材の選択です。

大人女子の徐々に弱くなってきた髪にアルカリカラーの白髪染めを毎月、下手をすれば23週間で染めてしまうとそれだけで髪への負担が大きくそんな状態の髪に縮毛矯正やパーマも定期的するのはかなりリスキーですし良いコンディションは保てなくなります。

なので縮毛矯正やパーマをメインに考える場合はカラーリングの方で髪に負担のかからないモノを選択する必要があります。

そこで僕が1番おススメなのがヘナカラーなのです。全く髪に負担をかけず逆にハリコシも出るくらいなヘナで染めていれば時折、パーマや縮毛矯正をしてもアライフの技術ならばそれなりのコンディションを維持しながらヘアスタイルを楽しんで頂けると思います。

もちろん、ヘナ以外でもヘアマニキュアやカラートリートメント、酸性ヘアカラーなど一般的なアルカリ白髪染めよりは負担の少ないカラー剤がいくつかあります。

ヘナにはデメリットもいくつかあります、カラーリング程、濃く白髪をカバー出来ない、施術時間が長い、人により染まり具合もまちまちなど、カラーリングと比べると物足りない部分も多いのも確か。。

ただ、それでも髪や頭皮への負担がない事や唯一天然100%の植物染料である事、身体にも環境にも優しい素晴らしいモノだと思います。

オーガニック志向の人はが初めて染めるならヘナをしてみたいとおっしゃる方が多いです。

そのようにカラーはしないかこういった髪の負担にならないもので染めていれば縮毛矯正やパーマで柔らかな質感のスタイルを手に入れる事が出来ると思います。

最近、くせ毛が気になってきた、まとまりのが悪い、髪がパサパサ傷んで見えるなどお悩みがありましたら特にこ梅雨時、夏の湿気の時季を快適に過ごす為にアライフの酸性縮毛矯正を試してみませんか?

アライフ 青木

2つ目の⁉️新しいホームページを作りました

新たなホームページを作ってみました!

最近のコロナ騒動でいつもとは違う生活とその後の緊急事態解除後のバタバタとしたサロンワークのおかげでブログを全く書いてませんでしたねお客様への情報提供をサボってましたね反省しなければ。。

元々ホームページはあるのですがあえて別アカ的⁈でヘナと縮毛矯正にフォーカスしたページにしてみました。

理由としてはより特化したサロンワークにシフトすべくまずは未来のアライフのお客様に向けてアライフが力を入れているメニューのお知らせをしようと作りました。

実は僕ももうすぐ50(初老?)笑 も迎え長くお付き合いさせて頂いているお客様達も自ずと近い年齢の方が多くなってます当然白髪も出てきますし、実は髪の癖も今まで気にならなかった方も髪質の変化と共にくせ毛になったり、どんどんクセが強くなりヘアスタイルのまとまりが悪くなってきたり。。

だからといって安易に白髪染め(アルカリカラー)を毎月のようにしたりすれば髪は当然傷み、くせ毛の方などはそのダメージでよりクセが扱い難くなってしまったり昔ですと更にパーマをかけてクリクリチリチリになってしまったり(泣)

現代の大人の女性はいつまでも若々しく、仕事をしたり常に人と関わり生活していくには当然、健康的で美しいヘアスタイルも大事になって来ます。

キレイな髪を保つためには先ずは髪の健康です。そうする為にはなるべく髪に負担のかからない施術がとても大事になります。

若い子と同じように明るい好きの色に毎回染めたり、コテ、アイロンで毎日巻いたり、たまにはパーマやストパーかけたり気分で髪を扱っていたらキレイな髪は保てません。

気になる白髪は髪や頭皮に負担のかからないヘナを始め、ヘアマニキュアやカラートリートメントでカバーする事で健康な髪を維持する事が出来ます。ダメージの少ない状態の髪なので縮毛矯正やパーマをしてもダメージも最小限に艶のあるボブスタイルやふんわりパーマスタイルが可能になります。

とは言っても縮毛矯正やパーマは髪の形状を変化させるので全くノンダメージというわけにはいかないですから白髪染めの方でダメージをさせない事がキレイな髪を保つ上ではとても大事になってきます。

いつまでもキレイで若々しいヘアスタイルを楽しんでもらう為にアライフでは更にヘナを中心としたダメージレスカラーとパーマも含む縮毛矯正の施術に力を入れて今後もやっていきたいと思います。

ブログの方も今まで以上に皆さんの為になる情報を中心に書いて行こうと思います。

今後共、アライフをよろしくお願いします。

アライフ 青木

自粛休業からの営業再開のお知らせ。

4/24より緊急事態宣言を受け自主的な自粛休業をしてまいりました。本日、政府発表で5/31までの延長が決まりましたがヘアサロンは規制対象から外れているのも踏まえ5/7(木)より営業を再開する事に致しました。当面は毎週月曜火曜連休を継続し感染予防対策も引き続きしっかりと継続して皆様をお迎え致します。

※電話予約は前日の5/6日の13時以降可能です。それ以外はネット予約(ホームページから予約サイトに入れます)をご利用ください。

こんな時だから…セルフヘナ挑戦しませんか?

コロナウイルス🦠…まだまだ先が見通せない日々が続きそうですね(−_−;)本当に心配です。

アライフでは椅子や手に触れるものの消毒と換気をしっかりして必要であればお互いにマスク着用での施術にも対応したいと思います。しかし、無理せずご来店頂ける方は万全の準備でお待ちしております

そうは言っても心配でなかなかサロンに足が向かないと思います。しかし、白髪だけは伸びちゃう(泣)ですよね?カットは我慢できても白髪染めだけは我慢できない!という方、多いと思います。

ただ、プロの美容師としてはいわゆる一般のアルカリカラーの白髪染めでのセルフカラーはけっしてお勧め出来ませんがヘナであれば髪を痛めることもなく頭皮トラブルも皆無なので安心してお勧めできますね!普段はアルカリカラーの白髪染めの方も間の繋ぎとしてヘナで染めることは次のカラーへの影響はほとんどありませんので安心して使って頂けます。もしヘナに興味がありましたらこれを機に是非一度セルフのヘナ染めにチャレンジしてみませんか??

そんな方のために…アライフのネットショップではヘナとそれを塗るための専用のヘナスクーパという僕が開発したヘナ専用のヘラとのセットで販売もしてますので是非そちらもご検討ください‼︎

こちらは沖縄ヘナナチュラルとスクーパのセット!その他、インディゴとのミックスのブラウン系のヘナなどインド産、沖縄産、モロッコ産と取り揃えています。

アライフネットショップ↓↓↓↓まずは商品を確認。。

https://www.alife-shop.com/

今回はブログも見た方限定で(4月末まで)ヘナスクーパとのセットをこちらのネットショップページの✉️問い合わせからご注文いただいた方は10%オフと送料をアライフ負担でお送りします。(ネットショップで注文してしまうと送料込みになってしまいますのでご注意ください)

支払いは銀行振り込みになります。カードでの購入希望の方は申し訳ありませんがネットショップより通常購入してください。

アジア初のアカデミー作品賞受賞作品を観た❗️

久々にプライベートのブログを書いてみました(笑)

プライベートと言っても最近は自分の身体のメンテナンスと月一回、実家に帰り父親の病院の送迎がメインなんですけど後は講習会やったり、逆に受けに行ったりこれは仕事ですしね()

なので今回はちゃんとプライベート映画の話をしますね。

特に映画マニアでも無いですけど見始めると立て続けに観たり(1日に3本映画館で見たこともある)最近ではプライムビデオなどで以前よりは多く見てるかも知れませんね。

映画はお客様との会話もけっこう盛り上がりますしね!

IMG_2121.jpeg

で、今回はアジア映画で初のアカデミー賞作品賞に輝いた「パラサイト~半地下の家族~」について僕なりの感想を書いて見たいと思います。

もう、このポスターからして意味深な感じですね〜横から出てる足とか目隠しが色違いとか

この作品、ポン.ジュノ監督以下俳優陣、スタッフがほぼ韓国人で作られた韓国映画です。僕自身、仕事で行ったことありますが韓国にハマった事がないので映画やドラマもあんまり見てないです。冬のソナタとかも1話すら見てない(笑)この監督の過去の作品でウォンビン主演の「母なる証明」(2009)は見てて良い印象があります。光と色(暗めモノクロやセピア風)の使い方が印象的です。

とても暗くて悲しい作品なのでそういうのが苦手な人はやめておいた方がいいです(; )

で、今回の「パラサイト」各映画賞で受賞しまくり話題沸騰で極め付けのアカデミー作品賞含む4部門受賞❗️アカデミー賞授賞式の翌日に観に行ったのもあり映画館は満席!!1番前しか空いてなかったです(泣)

そして総合的な感想としては「作品としての完成度が半端ない」です(笑)

そして悔しい、嫉妬です日本の映画では届かなかった頂点に僕はサッカーが好きなんですがサッカーでもワールドカップでの成績や世界で活躍した選手のレベルでも一歩先に行かれているのでもちろんアニメとかゲームとか日本が圧倒的なのもありますけど。。

話を戻すと今回の映画「パラサイト」

ジャンルとしてはどこになるのだろう?ヒューマン?サスペンス?現代の世界共通の社会問題も大きく含まれてるし

現代ヒューマンサスペンス(笑)そんな感じです。

韓国映画ですけど、そっくり日本に置き換えても、先進国ならどの国にでも置き換えられるくらい身近に感じれるリアリティ作品。

僕の場合、どっちの家族よりでも無くその間?まぁ、でも地下家族寄りですけどね😅もっと頑張らないと

そして、内容は見てない人にはネタバレになるのでやめておきますが、基本的にはわかりやすい設定かな?と思いきや、まさかの展開そう来るか?と言った感じ。

ストーリーはかなりシンプル。それを独特な映像(カメラワーク)技術でとてもスリリングなモノにしています。間とスピードの強弱やアングル本当に計算しつくされていると感じました。音(音楽)も目立つ事はないのですがとても効果的でとても細部までこだわりまくっているところが凄く共感出来ました。

俳優陣のバランスもリアリティな作品になっている大きな要因。イケメンや美人さんばかりの映画とか現実にはあり得ないですから(笑)日本のドラマとかけっこうありますよね?

映画を観終わってから色々ググって(笑)監督やキャストなどのインタビュー記事や評論家等のコメントを見ていたのですがこの映画の完成度を上げる為の色々な仕掛けが後からわかるとそれを踏まえてもう一度観たいと素直に思える作品でしたね。

監督インタビューの中で撮影や全ての作業をちゃんと労基法をなるべく守って(時間や休みなど)やっていたそうです。若いスタッフが多い中、そう言った配慮もあり最後まで士気の高い良い現場だったようです。そしてこのような素晴らしい作品になったんですね!

ちなみにお金持ちの奥様役の女優のチョ.ヨジョンさん初めて知りましたが可愛くてタイプです(笑)素敵

IMG_2122.jpeg

後半はエグいシーンもあるので苦手な方は無理しない方がよろしいかとその他の方には是非、本年度アカデミー作品賞のこの映画を映画館の大きなスクリーンで観てください!

  1. #アライフ #ヘアサロン #美容師の休日 #映画 #2020アカデミー賞 #パラサイト

白髪が気になり出したらどうする?

白髪が気になる何とかしたいどんな方法がありますか?

最近の流行では…そのままグレーヘアーを目指すのもアリ⁈でも実際は中々勇気がいりますよね?

なので…

髪型を変えたり、分け目をかえたり、短くしたり思い切ってパーマをかけてみたり。。色々してみたけどいい加減誤魔化しきれなくなってきたんですけど必ずいつかは皆さん誰しも通る道悲しいですが。そんな時は

抜く? いえいえやめましょう。しばらくは問題も出ないとは思いますがあまり長年やってると毛穴が潰れて生えなくなっちゃいますよ!(ホント何人もそういう人見てます)

IMG_2082.jpeg

切る? ん〜白髪だけを確実に切れれば周りの黒い毛も切っちゃいますし、短い毛が増えると薄く見えちゃったりヘアスタイルのまとまりも悪くなったり

やっぱり染めるしかない?

では何で染めるのが良いか?幾つかの方法があるのでその特徴とメリット、デメリットを踏まえて説明します!

地毛を明るめに染める!(ハイトーンカラーやブリーチ)

いつもより明るく染めるなるべく白髪に近い明るさになればなるほど目立たなくなりますよね?ただしこの場合、白髪はほぼ白髪のままです。(Wカラーにすれば多少は白髪のカバーも出来る事もある)

メリット明るさ、色味を白髪を無視して自由に決められる。

デメリット明るくするほどダメージレベルも上がってしまう(ブリーチはカラーメニューの中では1番髪への負担と頭皮への刺激が強い

 

白髪を黒やこげ茶に(地毛と同じくらい)染める!

地毛と同じくらいにすれば染めてるかもわからない感じでより自然に見える。

ここには酸性酸化染料、ノンジアミンカラー、ヘアマニキュア、トリートメントカラーなどいくつかの方法論がある。

メリット白髪をしっかりカバーしつつ髪への負担は最小限!特にトリートメントカラーは逆にしばらく質感も良くなる事も。。

デメリット暗めに染める程、後々明るくし難くなる、特に酸化染料はヘアダイと同じくアレルギーの可能性もあります。更に① ② はアルカリ剤や過酸化水素などの影響で活性酸素を発生させてしまったり、それらがしばらく髪や頭皮に残ってダメージが進んでしまったり…

 

程々の明るさにしながら白髪も染める!いわゆるコレがヘアダイ(白髪染め)アルカリカラーですね。

今まで染めてた色味や明るさに近い感じで白髪染めも出来る。(透明感は出にくい)

メリット…5トーン〜10トーンくらいは明るさの幅もブラウン系の色味であればある程度は色味も選べる。(一般的には1番多く世の中で使われているのがこのタイプ)

デメリット見た目の明るさ以上に髪への負担は大きい。明るめになる程、色の褪色が早く白髪が浮いた感じに

 

④天然染料であるヘナ、インディゴ ()で染める!

稀に痒みやアレルギーのような反応を示す場合もゼロでは無いですが、髪、頭皮や環境にも優しいし施術中のリラックス効果、長い目で見ると頭皮環境の改善や育毛効果も期待出来るかも?色味もヘナのオレンジから2度染のダークブラウンまである程度は幅も出せます。

メリットこの中で唯一の天然染料。髪のダメージはゼロ!髪と頭皮、両方ともダメージの改善に期待出来る。

デメリット意外とあって(笑)しっかりと染めるには時間がかかる。匂いが独特。しばらくシャンプーで色落ちする。数回染めるとカラーチェンジが難しくなる。何年か染め続けるとパーマがかからなくなる場合がある。

 

⑤その日だけ隠せる、ヘアマスカラ、カラースプレーで誤魔化す!

これはもう、これだけで行くのは毎日の事ですし普段は我慢してお出かけの日だけとか、カラーとカラーの間の繋ぎとしてピンポイントで使うモノですかね?

メリット洗えば簡単に取れるし髪や頭皮への負担はほぼ無いです。

デメリットその日しかもたない、汗や突然の雨で色が取れて顔や洋服を汚してしまう可能性あり。

これらの特性を踏まえて

明るさを求めるなら①か③、オレンジでも良ければヘナでも明るい印象にはなります。

白髪のカバー力を求めるなら②と③の7レベルまでとヘナのWプロセス。

頭皮への負担が気になるなら②のヘアマニキュアか④のヘナ、インディゴ 染め、もしくはテクニック的なモノですがヘアマニキュアと同じく地肌につけないように塗るゼロテクで染めるか(髪は痛みますがアルカリカラーでも出来ます)

なるべく短時間で染めたいならヘナ以外(笑)

そして安心安全なカラーを求めるならやっぱりヘナ、インディゴ 染めがお勧め!僕自身も白髪が出始めたり40歳くらいからはずっとヘナインディゴ 染め🌿

これがアライフがヘナに特化してサロンをやっている理由でもあります!

アライフではどのカラーも提供可能です。どれを選んでも一長一短はありますし、全てに完璧なモノはありません。ですのでその中から自分に合ったモノを選んで頂ければと思います。けしてヘナを無理やりゴリ押しはしませんのでただ、この先長く染め続けるなら極力負担の少ないモノを選ぶ方が望ましいそして先々まで若々しい健康的なヘアスタイルを楽しんでほしいですね!

#白髪染め #ヘアダイ #ヘアマニキュア #ノンジアミンカラー #ヘナ #インディゴ